XRP3oo円突破。そして読売新聞朝刊一面には仮想通貨記事。

20171029154004

 

仮想通貨XRPが、提携の噂によるものか(?!)、昨日1月3日あたりから徐々に値を上げて、遂に300円を超えました。

 

更に本日、ご覧になった方も多いかと思いますが、読売新聞朝刊一面には"ブロックチェーン"技術を使った『銀行送金低コスト化』の記事が載りました。

 

読売新聞2018年1月4日朝刊一面より(一部抜粋)

銀行送金に仮想通貨技術、手数料大幅引き下げへ 

 

1.仮想通貨の基盤となる「ブロックチェーン」技術を使い、銀行間の送金手数料を大幅に安くできるサービスが今年3月にも一部の銀行間で始まる見通し。

2.国内メガバンクや、りそな銀行地方銀行など約60の金融機関がすでに実証実験済。

3.インターネット銀行や地銀など数行が3月にも、スマートフォンのアプリを使って手軽で安価に送金できるサービスを開始。参加する銀行は、順次増える見通し。

4.利用者は専用アプリを使い、相手の口座番号が分からくても電話番号を入力するか、QRコードを読み取ることで送金できる。

例えば外食を割り勘にする際、テーブルで相手のQRコードを読み取って送金すると、その場で口座にお金が届くといった使い方が出来る。など

 

 

自分は新聞を取ってないので、朝食を兼ねてファミレスで読売新聞を読んできました。

記事には"リップル"の文字は無かったと思うけど、仮想通貨取引をしている方は当然リップルが頭に浮かんだはず。(SBIリップルアジアの文字はあった)

 

記事の影響の程度は分かりませんが、XRPの上昇をはじめ、コインチェック銘柄の仮想通貨の多くが上昇。

 

XRPのチャート

20180104122040

 

お正月のXRPの価格は240円前後でしたが、今日は360円まで上昇。自分はXRP少量しか持ってませんが、それでも少しは増えて嬉しい限りです。